なにより環境が大事!まわりにいる人ってマジで大切です!

突然ですが、
まわりにいる人って、マジで大切です!

個人的な統計と感覚ではあるので、参考になるかわかりませんが、

童貞の周りは童貞が多く、
彼女がいない男性同士だと、彼女がいない人が多くなります。

まわりが彼女がいて当たり前という雰囲気があると、自分も彼女がいる可能性が増え
既婚者が多くても彼女がいる可能性が増えます!

ただ、既婚者でも、20歳~30歳以上と年齢が離れすぎている人が多い場合はまた違ってきます!
年配者ばかりの会社だと、恋愛はあまり成就しにくいです!

これはどういうことなのか?

サポートと潜在意識、危機感が大きく関与していると推察します!

サポート

これは、一番イメージが付きやすいと思いますし、一番物理的に助けになる部分です!

友人の紹介や、先輩からの紹介、合コンや出会いの場へのお誘いからはじまり、彼女ができるまでのサポートや手助けといった様々なフォローがあります。

危機感

もう一つの要素としては、危機感です!
まわりに彼女がいる、既婚者が多いと、

無意識的にでも、「これはオレも彼女をつくらないとヤバイかも?」
と感じてしまいます!

これが自然と彼女を作らないと!と奮い立たせられてしまうということです!

それともう一つの要素が、

潜在意識

です!

危機感を感じるとともに、
オレもこんな先輩のように、その年代になると彼女がいるんだろうな!というイメージが潜在意識に刷り込まれていっているのです!

そうなるとゴールがイメージされるので、そのゴールから逆算して、いついつまでに彼女を作っておかなければいけないとプラスなイメージと具体的戦略が思い付いていくのです!

この要素はとても大きいです!

私自身、元々はモテない(彼女がいない)友人がいた時は、女性の話をすること自体がタブーのように感じていました。

そこから、彼女がいるのが当たり前の友人といると、自慢話から女性の考え方、生々しい話と否が応でも話題に触れます。

そして、モテる、もしくはチャラい友人と一緒にいると、遊ばないといけないんじゃないか?という錯覚さえ感じてしまいます(笑)
(ここで私は、だいぶ錯覚し遊びすぎてしまい、あとあとかなり痛い想いをしました。)

ですが、
「自分が接する時間が多い7人と似てくる!」

という言葉がある通り、

良くも悪くも、自分と接する人に似てきます!

ということは、人的環境を整備することは結果的に、自分自身の人生を上手くコントロールすることができるようになります!

環境を整えていきましょう!

貴方はひとりではありません。

自身を向上し、サポートし合えるような友人や仲間を作っていって下さい!

環境を作る上での注意点

彼女を作る上で必要不可欠な存在の環境作り!

ここで、注意しておいた方が良い環境作りについても紹介しておきます!

・足の引っ張り合いとなる人達
・モテるがサポートしない人
・怪しい人

足の引っ張り合いとなる人は、
愚痴や誹謗中傷を言う、彼女ができそうになったら邪魔をしてくるというように、そもそも友人として疑問符が付くような人達のことを指します。
普通に考えたらまず友達にならないでおこうとはわかるのですが、何かその人に魅力があったり、もしくは最初は良い人だったが次第に本性を現してきたりして気付くことの方が多いため、しっかりと人を見抜いていくことは必要です!

モテるがサポートしない人は、
先ほど紹介したように、モテる人と一緒にいるとモテることが増えるため、接していった方が良いですが、こういう人の場合は、自分はモテているが他の人へのサポートはしない。
自分がモテるために利用しようとする人ということです。
貴方の彼女を横取りしてこようとしてくることもあり得てきますので注意が必要です!

怪しい人は、
友人関係が怪しい人、闇がある人、反社会的組織とつながりがある人、クスリをしている人、お金を貸してほしいとせがんでくる人なども貴方にとってプラスにはなりません。

ですが、このような人かどうかは実際に接してみないとわからないというのがほとんどです。
最初から全てわかっているということはありませんので、接して行くうえで理解し、時に被害を受けることで経験していき、見る目を養っていくしかないですね。

そして、こちらで紹介した人の特徴を貴方自身がしていないかも今一度振り返ってみて下さいね!

環境作り

人によっては、元々の友達や職場環境などが上手く機能している場合もあります。
ですが、そうでないとしたらここから新しく環境を作っていく必要があります。
それはとてもエネルギーが必要なことです。
そこまでの関係になれるような友人を作るだけでもなかなか簡単にできることではないのに、さらにそこかた見定めるのは始めの内は難しいかもしれません。
ですが、失敗を経験して成長していきましょう!

友人は自身の成長と共に変化していきます!

友人が変わることを恐れず、積極的に友人を選んでいきましょう!

もちろん、女性の友人も良いですよ!
その時は、恋愛感情と友情を勘違いしないようにだけ注意してくださいね!